スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





じゃぱーにーずぐらんぷりーと断層ボディ制作記

可夢偉がんばれー

まぁそれはいいとして、前々からボディの塗り方を教えろ的な事を何度か言われていたので、書いてみます。


①デザインを書く
DSC_0031.jpg
変えた後に水洗いするので、ポスカはダメです。マッキー推奨


②デザインを切り出す
DSC_0032.jpg
①で書いたデザインにそってデザインナイフで切ります
断層カラーの場合、バイナルの淵がメッキなので、線の内側と外側で分けて切ります
外側から切っていくとどこまで切ったか分かりやすいです

③ボカシを入れる
DSC_0033.jpg
淵に沿ってボカシを入れていきます
この時の注意は、塗料の噴射量を一定に保つこと
それができないとマダラになって終わります

ちなみに、ブルーやパープルなんかのボカシを入れるときは、メインよりも濃い色のパープルやブルーを薄めない原液状態で使うと後から塗った色が地味に浮き出てかっこいいです。黒だと明白すぎでダサいです。

④メインカラーを塗る
DSC_0034.jpg
適当です(ヮ
ムラになんなければおk

⑤薄いボカシと淵入れ
DSC_0035.jpg
③でやったのとは逆に、明るい系の色のボカシでは1,5倍程度に薄めた塗料を使うと自然に色が変わって見えます

淵のメッキは水性系の上に溶剤系を塗るので、水性が生乾きだったり、メッキを吹きすぎると溶けます
2~3回に分けて塗りましょう

因みに、メッキ塗料は透け透けなので、裏打ちの色によって雰囲気が変わります
僕は濃いブルーを使用しています

つづく
スポンサーサイト







COMMENT

Seacret




プロフィール

アンダーソンキョン@G‐SHB

Author:アンダーソンキョン@G‐SHB
RCとラノベとやなぎなぎLOVEと自負する僕です。RCはteam yokomoの一員として活動させてもらってます。とっても打たれ弱いので取り扱い注意。RCサーキットで↑なボディを見かけたら大方僕なのでそっと声をかけてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。