スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





にゅうあいてむ

どもーゲロしゃぶです

にゅうあいてむが届いたので紹介します



LRPパルサータッチです。

今まではエンルートのC10ver2を使っていたんですが、二次予選の電圧チェックで電圧が規定以下過ぎる事が発覚(ヮ

鬼塚さんに満充電した?と言われる始末・・・


最初はバッテリーかと思い、試しにT中さんのハイペリオンで充電してもらうとピッタリ8.4V

???状態で色々聞き回った結果、どうも充電器でバッテリーのパワーも変わってくるらしいとの情報をキャッチ

その後、小指パパ他上手な人達に色々聞いたりして候補に挙がったのが

ハイペリオン、セルマスターレジェンド、エラン、パルサータッチ(補欠)

谷田部とかスタ1でもハイペリオン率が高くて、カツ入れモードなるモノが搭載されているそうなので早速ポチろうかと考えていたら

『ハイペリオンは・・・(底の)ゴムが取れるんだZE!』

と囁く声が・・・

ゴムが取れるなんてイベントは出来る限り回避したいので第2候補のレジェンドを買い物かごに入れた途端

『レジェンドってさ~、超燃えるよね~』

と涙声で笑う少年の声が・・・



そして、気付くとパルサーが手元にあったとさ・・・・


シンちゃんさんくす・・・


※エランは実物を見た瞬間小さすぎて却下になりました




早速使ってみよう


英文説明書を斜め読みすると、サーボテストとKV値測定機能があるそうな

充電できて、サーボ動かせて、KV値も測れる、なんて良妻振りなんでしょう。。。。。




でも、その良妻振りに腹が立ったのでKVセンサーをブン投げて色々触ってみた

昨日使った練習用ヨコモバッテリーを繋いで、多分充電関係はココらだろうと適当にペタペタ触ってたらなんか放電がスタート

DSC_0021_20120701131138.jpg

しょうがないので放電してから説明書通りにチャージモードを設定

ピークボルテージセットアップなる機能で充電完了時の電圧も変えられるらしいのですが、とりま4.20Vでスタート

至って普通に充電してるんですが、バランシング細かいなーと関心

小数点以下3位まで求めなさいって工数の先生みたいにチマチマ揃えながら充電してます

んで、適当にしゅらばらを読んでいたら充電終了のウザイビープ音(1分)が

充電容量をみると、C10で充電している時よりも500mA/h位多く入っていました(ヮ

テスターで測ったら電圧もキッチリ8.4

セルバランスもピッタリでした


んが、少し「ん?」てなる数値が

1S 3.9mΩ
2S 11.7mΩ



・・・・・・・・・・・・


内部抵抗値3倍って何よ(ヮ

ボロいバッテリーダメだね(ヮヮ


とりま使えることはわかったので今度からこれを使っていきますー



続いてコチラ

DSC_0020_20120701131138.jpg


U野さんに譲ってもらったV3です

U野さんアザーっす!

二次予選でV3勢が異様に速かったのでこれで何とか付いていけると良いな・・・・


さて、期末試験の勉強でもしましょうかね。。。
スポンサーサイト







COMMENT

Seacret




やっぱりそうだったか…。

俺も昨日、電圧チェックで「電圧大丈夫?」と言われたよ。
周りは8.35~8.38V辺りなんだけど、自分だけ8.22Vだった。
新品バッテリーだからこんなもんか♪と思っていたけど、
らんえぼ氏に「充電器側の安全策」と言われて愕然。
バランス充電後にニッ水モードで400mAくらい入れたところが
ジャスト8.4Vだったのが笑えた。

外国は8.44VまでOKみたいで、実際のところ、それくらいはバッテリー側も許範囲みたい。
まぁ、痛むのが怖いから8.4V以上にならないようにしてるけどね。

レースで勝つには電圧は避けて通れないけど、逆に言えば、
C10Ver.2で充電したバッテリーで二次予選TQだったという結果を喜ぶべきだね。

これからはキリキリと
ボディ塗ってもらうからよろしく。

上氏>
どうもSJベース(114SPやC10)は充電器は充電電流が0.5A辺でカットしちゃってるらしいですね。

監督の言う通りバッテリーに無理をさせないで事故を防ぐ為って事なんでしょうけど・・・・

ハイぺ、伝説、お触りは各国のレギュレーションに対応する為か、充電終了時の電圧を弄れるのと、0.1A切るまで充電を止めないんですよね(ヮ

ボロいバッテリーとかに無理させそうで少し怖いですが・・・


あの結果は未だにビックリしてます・・・(ヮ


U野さん>
もうラフ画を書いてあるんでテスト終わったらサクサク塗りますよ~


プロフィール

アンダーソンキョン@G‐SHB

Author:アンダーソンキョン@G‐SHB
RCとラノベとやなぎなぎLOVEと自負する僕です。RCはteam yokomoの一員として活動させてもらってます。とっても打たれ弱いので取り扱い注意。RCサーキットで↑なボディを見かけたら大方僕なのでそっと声をかけてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。